fc2ブログ
2010’05.23・Sun

安らかなれ

ブログを更新しないまま、はや一月。皆様はいかがお過ごしでしょうか。
風邪にかかってはや1週間、ようやく完治いたしました次第でございます。
自分は引き籠もりには向いていないなぁ、とひしひしと感じました。

さて、部屋に引きこもって何をしていたのかといいますと、熱に浮かされながら設定やらプロットやらを妄想して書き記したりもしていましたが、それも数分で力尽きたので、カタツムリのごとく布団にくるまりながら本を読んでいました。
何を読んでいたのかと言いますと、先ほど本屋大賞の1位と吉川英治文学新人賞を受賞なさった冲方丁先生(以下、変換が面倒くさいのでうぶちんに統一)、彼の作品で積んでいたものです。具体的に言うと、「オイレンシュピーゲル」と「スプライトシュピーゲル」。うぶちんの作品は割と好きなのに積んでいた理由はいくつかありまして、ます一つめは「マルドゥック・ヴェロシティ」の文体をそっくりそのまま流用したのが気にくわなかったから、という単純なモノなのです。2つめは読むのに異様に体力を使う点も(「ばいばい、アース」読破は本当に死にかけた。
あと極めつけが、このシュピーゲル・シリーズ、厄介なことに全容を知るには「オイレン~」と「スプライト~」の2つを読まないといけないので至極面倒くさいんですね。面倒くさいのはいけないと思います。

そんなバイアスかかりまくりで読み始めました。言うても、2巻までしか読んでないけど。
以下、感想なので一応折りたたみます。
 ...READ MORE?
スポンサーサイト



トラックバック(0) コメント(0) TOP
Categorie電波日記

 |TOP